top of page
Image by Johannes Plenio

全文
J.W.ジャービス

私の夢はずっと児童書を書くことでした。私は、子どもたちが幼いころに本を読み聞かせることで、学びと読書をする人生を築くことができると強く信じています。私は息子が小さかった頃、本を読んであげるのが大好きでした。この経験をきっかけに、私はその文化に参加して子供たちを形成していきたいと思うようになりました。子どもたちに夢や希望を形にするための本を提供したいと思っています。私はジュニア・アチーブメントのボランティアにも参加しており、そこで子供たちのキャリアについてもっと知りたいという願望を目の当たりにし、それがファントム・シリーズの本の物語を書いた理由の 1 つでした。

bottom of page